Q & A

充填・接着・補修

AKEPOX2000シリーズ、AKEPOX5000シリーズ、弾性接着剤1-K、MS接着用シーリング剤

一般に、不飽和ポリエステル樹脂をベースにしたすべての接着剤(マーブルフィラー、石材、大理石接着剤MS-76など)、エポキシ樹脂をベースにした接着剤(すべてのAKEPOX製品)、弾性接着剤1-K、MS接着用シーリング剤

屋内にはUP樹脂接着剤MS-76およびエポキシ接着剤AKEPOX 3015、屋外にはAKEPOX 2020、AKEPOX 2030、AKEPOX 2040および弾性接着剤1-K、MS接着用シーリング剤

マーブルフィラー、石および大理石接着剤MS-76、AKEPOX 2000およびAKEPOX 5000製品は、60から70°Cまでは高耐性で100から110°Cは低耐性となります。

マーブルフィラーはマーブルフィラー用の着色液で染色でき、アケポックス製品は、アケポックス製品用の着色液で着色できます。 溶剤または柔軟剤を含む染料、およびエマルジョンペイント用のカラーコンセントレートは利用できません。

希釈はできません。

はい、大理石の場合は硬化剤を添加する前に、AKEPOXの場合、成分AとBの混合プロセス中に追加・充填できます。 ただし製品および接着の強度を保証するものではありません。

一般的に粗面にし清潔で乾燥している必要があります。 AKEPOX 2000シリーズおよびAKEPOX 5000シリーズの場合、表面がわずかに湿っている場合やほこり・汚れなど、接着力をかなり低下させます。

すべて化学的に結合しているため、一般的に溶剤等を使用しても除去できません。 高温(> 200°C)または物理的に取り外すことは可能です。ただし接着面の損傷の可能性があります。

推奨の厚さ1 mmの場合(推奨品AKEMI粘着テープのレベルに対応)で幅1 cmでは約 38メートル、幅約2 cmでは 19メートル可能です。

最適な容量で混合されていないほど、本来の特性が発揮できず、AKEPOX接着剤の耐性も悪化します。 混合の程度によっては、接着剤は正しく接着されないか、まったく接着されません。 天然石に関しては、細孔部に不完全な接着剤が浸透することにより、石が強く黒ずむ場合があります。 さらに、接着面の破損や損傷が発生する可能性があります。

エポキシリムーバーをご利用ください。

技術製品情報の接着剤とフィラーを参照してください。

推奨はAKEMI Liqui Polishです。また石材業界の標準的な研磨製品も利用可能です。

一概にはわかりませんが、Marble Filler 1000 Transparent WaterclearおよびAKEPOX 5000シリーズの製品が利用可能と思われます。 詳細については、テクニカルデータシートを参照してください。

射出モルタルのBF 200 UPです。

はい、ただしMarble Filler 1000 Transparent、1000Universal、1000Thixo、および1000 Sの製品のみです。

いいえ、できません。

補強

主にAKEPOPX 1000シリーズの製品ですが推奨はAKEPOPX1005です。詳細については、テクニカルデータシートをご覧ください。

製品の技術情報をご覧ください。

浸透剤・保護・ケア・メンテナンス

浸透剤は、表面層を形成することなく、天然石の細孔部に浸透します。 天然石の場合はは通気性を保ちます。また、シーリングは 原則として皮膜形成であるため、天然石の表面の細孔部をふさぎます。そのため通気性を確保できません。

表面が清潔で乾燥している必要があります。

まず視覚的に判断することはできません。 石の表面に0.5〜1m²のプラスチックフィルムをしっかりと貼り付けて固定します。 約10〜12時間後にプラスチックフィルムを取り外します。 貼り付けた部分の表面が他と比べ変わりなければ(暗く表示されていなければ)乾燥しています。

小さな面積にはペイント用のブラシや布を、大きな面積への塗布はペイント用ローラーをご利用ください。

完全に乾燥するまでです。ただし石に吸収されていない部分がある場合は、乾燥の前に余分な部分(吸収性の布など)を完全に除去する必要があります。

施工後すぐ(数分から2時間まで)であれば部分的に可能です。 Cleaner IまたはUniversal Dilution (stone)で浸透度合いに応じて利用ください。

いいえ、完全には元のようにはなりませんが、 ほとんどの場合は汚れは改善されます。

いいえ、できません。 保護の効果は、石の表面や種類、または染色物質が石の表面にどれだけ付着されているかによって異なります。 また液体(酸性液体)で強制的に除去された場合などは石灰岩や大理石の場合、保護効果はほとんどありません。

色の変色もほとんどない防汚性にすぐれたStain Repellent Nano-Effectを推奨します。

セメントによる場合は浸透剤施工前に、シリコーン(AKEMI製)による場合は施工後に行ってください。ただし石に吸収されていない部分がある場合は、乾燥の前に余分な部分(吸収性の布など)を完全に除去し乾燥後施工する必要があります。また接着力を保証するものではありません。

Stain Repellent W(最大2倍の水で希釈)を事前に施工するか、Protective Sheeting(保護シート)で覆います。

はい! 十分な硬化が得られるまで約24時間保護することを推奨します。

シーリング

いいえ、ほとんどのシーラーには軟化剤が含まれているため、シーラーが硬化した後でも天然石の細孔部に浸透する可能性があります。 この現象は、必ず辺縁部と施工部の境界部での汚染を引き起こします。

AKEMIマーブルシリコン(このシーラントには 軟化剤が含まれていないため、シーラントによる境界部の汚染を引き起こしません。)

参考値ですが、約8 x 5 mmのギャップ で8 – 10メーターくらいの施工が可能です。

いいえ、できません。

Acrylic Sealant、MS Hybrid Polymer、MS Adhesive Sealantです。

はい、 Chemical Siliconeです。

はい、 Marble Siliconeです。

5〜 40°Cの範囲です。

フードセーフ対応のシーラントを推奨いたします。

はい、利用可能です。ただし、施工後の余分なスムージング剤はすぐに除去する必要があります。

Load More